忍者ブログ
甲虫専門店ドルクス政宗の入荷・イベント情報…独り言です…
2017 / 06
<<    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
[1] [2] [3] [4] [5
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一昨年あたりからよくお客さんより
“○○○○○(ショップ名)の●●●●血統は太くならない!”とか“駄目だ・・”
等聞かされる・・・

ところが、屋号が関西の後輩のショップ名だったり、四国の懇意にしているショップだったり
香川の後輩のショップ名だったりすると黙っていられなくなる
まじめにやっている店主であることを良く知っているからだ・・・

「店から直に購入したの?」等聞くと、大概・・と言うか
殆どがネットオークションで回りまわった先の累代幼虫を落札し育てた?!という返答

「証明カードも持ってます」と財布などにしまってあり見せてもらったことが多々ある。
ところが全て粗悪なコピーのコピー・・・?
・・・というか何回コピーを繰り返せばこの位粗悪になるんだ!という代物だったりする

人から人又人に回りまわった(何人の人を渡り歩いたか?わからない累代幼虫
にコピーのコピーをつけて業者の屋号と血統名をつけて個人が売る?!
これを店頭の十分の一以下の値段で購入して、思ったとおりの極太の育たなかったら
その使われた業者名・血統名にケチをつける(批評する)・・・
これって可笑しくないですか?
※大概の証明カードには販売者のみに販売した虫の証明であり転売・転用先の証明には一切保障せず
的なコメントを記載している・・・

大体にしてその回りまわった累代幼虫は本物なの?
※無論まじめにやっているブリーダーも居るだろうが

直に業者から購入して批評するならまだしも・・・

前に関西の老舗業者さんが、同様な事で自分が販売しても居ない人間がカードのコピーを利用して
販売していることにかんかんになって一切転用不可と記載した。

当店も過去にアンタエウスで同様のことがあり(無論転用・転売には一切保障せずと記載していたが)
カードが一人歩きした為、一切のカード発行をやめた経緯がある。

ただここに来て最近新たな詐欺が報告されている。
昨年来、当店から購入したと珍品の幼虫などをオークションで販売している輩が居ると・・・

オークションサイト(詳細)には記載せず、“当方仙台より発送”とだけ・・
質問や落札者に当店から購入した等と告げているため今までわからなかった・・・

それでは何故?わかったか? 
数名の報告者が居たことと(この時点では噂に過ぎないので取り合っていなかった)
それと之が極め付け!落札者自身が不審に思い、当店に問い合わせてきたからだ・・・
それも接点の無い数名から・・・
忙しいのでお盆を過ぎたらこの詐欺師に対しては公的機関に全てを任せよう・・・

上記のような件もあり本来、カード否定派な当店であったが、高額商品につきましては
今後、お客様が希望される場合証明カードを発行いたします。
※但し、購入者様のみにその生体の証明をするためのカードであり転売・転用に使用一切不可


風化させたくないオークション詐欺
スカイブルーアイ→http://dorcusmasamune.blog.shinobi.jp/Entry/19/

拍手[4回]

PR

あまりタブーな事なので何処まで?記載してよいか?迷う・・・

よくオークションを利用されている方(当店の常客様の中で)より相談を受ける。

ヘラクレスヘラクレス(原名亜種)をオークションで購入(落札)したが、リッキーとの混雑種であった・・・

等など・・

もし、間違えであれば謝罪と返金など大人同士の話し合いで何とか?なるであろう・・・

悪質であれば、訴訟を起こし白黒付けることになるであろう・・・


 話は少し横道にそれるが本日、久しぶりに友人と話す機会があった。

友人がこの前後輩?(・・・と言っても相手にしていないが

より電話があり私の知人の(採集地チームに入会していて会長である棒有名採集家ともに

今年、地元の採集場所に一緒に採集場所まで採集に行く!)と自慢・・・?され・・・

また、(最近ビッターズオークションにおいて数百万円の値段が付いた“極太オオクワ”を

持っている!付き合いがあるとも・・・?)と散々嘘のような話を聞かされたと言っていた・・・

※一人でなく数名の方より同様の話を聞かされた(無論相手は同一人物)

くだらないのだが、上記内容について

①棒有名採集家は私の知人であり本人に電話で確認した
「そういう会員は居ない、また知らない・・・採集予定すらない?」

②今年になって“極太オオクワ”において数百万円などの値が付いた商品は無い。
※2大オークションサイト確認済み

・・・と言うことは全くの嘘!何がしたいのでしょうか?

自分自身を大きく見せて高額で何か?虫でも売りたいのか??

“極太オオクワの血統名”も数名から聞かされた・・・

詐欺師と言うのは、何歳になっても根本的に嘘つきである。

その嘘がばれないと思って行動(発言している)
大体にして地元や同年代からは相手にされていない

それで居て影では強気?で平気で嘘をつく、絶対にリアルでは活動しない・・・
身内にも愛想を付かされている場合が多い


先程まで業者間や関係各位と連絡を取っていた。

我慢していたが、そろそろ皆で本気で動こうと思う・・・

この件は白黒付けるまでは、沈黙いたします。

拍手[3回]

ようやく少し晴れだしました・・・

低温と雨で採集にいけない日々が続いておりましたので少しうれしい

 ところで“雑誌やHPで見る極太オオクワ”は 何故?ボコボコにディンプル?が激しいのか??

歪ですごいディンプル・・・何故? ・・
とよく質問される・・・

 理解不能です・・・当店にて歪なディンプル個体など無いからです。

当店の極太オオクワをお客様に見せる「すごく綺麗ですね!」と皆が口をそろえる

気分が良くなり顎基6mm以上の個体をバンバンお見せする・・・「綺麗だ!ディンプルが本当無いですね!」
と皆様からよりお褒めの言葉を頂く

極太だからディンプルが出て歪になる?と言うこと事態経験した事が殆どない・・・

(菌糸の交換忘れなどで若干のディンプルが出たことは1~2回あるが・・)

“だから他店様の事を聞かれても答えようが無い・・・”


 また、血統として販売する為には種親を厳選し何台も累代を重ねていく・・・(当たり前のこと)

納得するものがほぼ固まった時点で血統?!と歌って販売しているものだろう・・・

・・・が時として1~2年前にオオクワを始めた方が●●●血統と自社オリジナルを語り販売を始めたりする??

1~2年で固定されるか?? 理解不能である・・・

一般愛好家によく言うのは、高額商品であればあるほど
“出来れば店の来られて現物を見て納得のうえ購入ください!”と・・・

幼虫の場合も同じで“出来ることであれば種親を見せてもらって購入(駄目になっていれば標本)”を
是非お勧めする。

※遠方でショップにいけない方は購入先とよくよく話し込み、納得した段階で購入するしかないだろう・・
でも話し込み画像などを送ってもらうなどすれば不安は軽減されるであろう・・・

●風化させたくない
        偽装オオクワ関係-くわしくはこちらスカイブルーアイ?の考察

拍手[3回]

ベトナムグランディス・アンタエウスの産地についての考察

最近入荷のディエンビエン省産グランディス・アンタエウスだが・・・

「ネット(オークション)でライチャウ省ディエンビェンフー”と売っているところが
有るがドルクス政宗さんは産地を間違っていないか?」
とご指摘を受けた・・・

はっきり言って、“ライチャウ省ディエンビェンフー”なる産地が間違っている
ベトナムで数年前にディエンビェン省とライチャウ省に分割した。

“大阪府京都府”なる産地があるだろうか?(笑)

ディエンビエン省産之が間違いない産地名である!

●顎が太くて湾曲!凄くカッコいい!
  ⇒詳しくはコチラ

ディエンビエン省-
 省都はディエンビエンフー(奠邊府)。
 北西の山間部に位置し、ラオスと国境を接している
数年前にディエンビェン省とライチャウ省に分割した。
※ベトナムにはライチャウと呼ばれる場所が二つある。
旧ライチャウと新ライチャウがある.
これはライチャウ省が数年前にディエンビェン省とライチャウ省に分割された時、
旧ライチャウ市がディエンビェン省に属してしまい、ライチャウ省内に新ライチャウ市を作った為。
旧ライチャウは「Muong Lai」、新ライチャウは「Tam Duong」

拍手[2回]

よく“クワガタ虫”の産卵形態は材産み・根食い系(マット産み)に区分される。

特にオオクワガタをはじめとするドルクス類は白色腐朽菌と呼ばれるキノコ
によって分解された広葉樹に産卵するので、産卵木もそれにあったものを準備購入する。
※クヌギ・コナラなど・・・

芯があるからだめ・綺麗だから良い・・・などと初心者に限って知ったかぶりをすることが多い・・・
※採集地においてオオクワガタは柔らかいカスカスの木に居ますか?

一般的なオオクワなどは、クヌギだから産む・コナラは駄目などということは無い。
要はオオクワに適した硬さ・枯れ方であるかが問題・・・
綺麗に見えてもカラカラの菌の死滅している材は逆効果

また、柔らかすぎる材も不適・・・
※根食い系のアンタエウス・ヒラタ・色虫などは柔らかい方がGood!

○産卵形態・食性の違いで適した材を選ぶことがポイントである

      ・・・・続く・・・・


拍手[2回]

【産地物オオクワガタの考察】

 オオクワガタもマニアになれば必ずと言っていいほど“産地物”に拘りだす・・・

最初のきっかけは、ホームセンターやペットセンターなどで“廉い”オオクワガタを求めた方も多いことだろう。
産卵させ菌糸瓶に入れ育て~来春羽化!! なんともうれしい瞬間だ
・・・が、だんだん“もっと大きく育てたい!”“もっと顎が太くてカッコいいのがいい!”などオオクワに対する
欲求というか?拘りが出てくる・・・
 専門店で見た“あの○○産がカッコいい!”“○○産の形がなんともいい
・・・またご自分が住んでいる地域の産地に思い入れが強くなったり・・・
そして特徴の良く出た・思い入れのある産地のオオクワを購入された方も多いはず。

 その際に入手する方法として“オークション”などが手っ取り早く安く購入できたりもする。
オークションが悪いとは言わない。
でも、その“産地物・本当なの?”という疑問が出てくることが多い。

 来客られたお客様よりこういう話を聞いた。
そのお客様は、○○産が欲しくてオークションで探した・・・レアな産地物だが丁度出品があったそうだ?!
凄くレアな産地だった為、慎重にもなり出品している出品者(個人)に少し疑問がでた。

 疑問を払拭させる為に軽く質問したそうだ。
「その出品している生体は、自己採集品を累代?または何処からか購入し累代されたものでしょうか?」
すると、驚くことに出品者は質問に返答することも無く
質問した方をブラックリストにいれ入札できなくしたそうだ
 何も失礼でもないし、問題になるような質問でもない・・・
・・が出品者にとっては答えられない何か?があるのだろうか?質問されると困る??
“その産地物本物?”と疑ってしまうのも当たり前

オオクワガタの産地・之は付加価値でありその産地によって値段も違ってくるのも事実!
レアな産地・人気の産地は高くなる・・・
其処に眼をつけ産地を適当につけてオークションに出す輩も多く居ると聞く。 また目のあたりにしてきた・・・
 前に○○県○○町○○産というのを見つけた、私は良く知っている地域。
海岸町で其処には防風林(松)しか生えてない?!発生木が無い海岸が産地?

 当店では取り扱いの産地が少ないといわれることが良くある。
其れは産地に対する拘りが有り、自己採集・もしくは採集者の分かる間違いないものだけを購入して
累代しているからです


 前にある産地をF7と表記して販売していたところお客様に驚かれた!
「普通F2まででしょう?他の業者やペットセンターだとF2しか売っていない。」と言われた。
でも、その虫は7代目! 之が事実 
代が進めばF2以降はすべてF2?こんな表記は当店では有りえない!
・・・其れは“偽装”ですから・・・

拍手[3回]

今日より6月!早いものです・・・

■ヘラクレス等外国産カブトマットの考察No,2■

  この前、マットについての考察の続きです・・・
 前回分は堆肥~ヘラクレス用マットの違いの考察 を参照。
 当方は、どのようにマットを製作しているか?
 若干でありますが・・・公開致します!
 厳選されたオガに添加剤、水を投入しミキサーにて攪拌・・・
 時間をかけ発酵させ仕上げていきます。

  ・ミキサー
   ↓
kakuhann.JPG







 醗酵後、熟成させふるいにかけ袋詰め⇒お客様の元へ♪
マット・菌糸瓶など餌は拘って良いものを使いたいものです・・・



●グランディスのページが完成
  ⇒詳しはこちら

●産地物国産オオクワ60ペア3日より販売!!

拍手[2回]

<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
梵天丸
性別:
男性
趣味:
渓流釣り他
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
カウンター
お天気情報

Designed by TKTK
PHOTO by Abundant Shine
MIX-B


忍者ブログ [PR]